FC2ブログ
プロフィール

ジ-ナまま

Author:ジ-ナまま
主人公(犬):Jeena(ジーナ)
      日本スピッツの
      女の子です☆

FC2カウンター
Flashカレンダー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

ワンコと暮らす

ワンコとの楽しい暮らしの日記です。

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.02 Thu 16:09
2009.07.02
犬のごはんについて調べてみると 
栄養士さんによって 実にさまざまな考え方があることが分かりました。
特に違うのが栄養素の配合 それもタンパク質とその他の割合です。
タンパク質が6割という考え方もあれば 全く必要なしというものもあります・・・・・
icon_k_hatena2bl.gif もぉー どれを信じればいいの~???という感じです。

人もお肉が好きな人もいれば ベジタリアンな人もいますよね。
そこで なんとな-く 私にとって一番しっくりくる考え方を参考にすることにしました。
それは ペット栄養管理のプロ 奈良なぎささん のものです。
「愛犬のためのおいしい栄養学 手作り犬ごはん」の著者でもあります。
で、奈良さんの栄養学にもとづいて DIMG0078.gifジーナのごはんを見直してみたいと思います。



me10.gif 1日に必要なエネルギー量の計算<成犬の場合> 
  {(30×体重kg+70}×1.8kcal

 DIMG0078.gifジーナの体重は8kgなので・・・・・{(30×8kg+70}×1.8kcal = 558kcal



me10.gif 食事全体の量のバランス 
  タンパク質:炭水化物:野菜=1:1:1+脂質+カルシウム+サプリ(ビタミン・ミネラル) 
  ①タンパク質は・・・全体のkcalの30%
  ②脂質は・・・・・・全体のkcalの5%
  ③炭水化物は・・・・全体のkcal-たんぱく質-脂質
  あとは目分量でバランスを整えてよい。
  食べきれない場合は、生命維持に大きく影響しない炭水化物の量を加減する。

  DIMG0078.gifジーナのkcalで考えると
  ①タンパク質・・・558kcal×30% = 167.4kcal
  ②脂質・・・・・・558kcal× 5% =   27.9kcal
  ③炭水化物・・・・558-167.4-27.9 = 362.7kcal   となります。
  あとは、野菜、カルシウム、ミネラル・・・・・・・


me10.gif 栄養素を多く含む食材 

 044.gif たんぱく質・・・鶏肉(もも・ムネ・ささみ)、豚肉(モモ・肩・バラ)牛肉(肩ロース・バラ)、
         豆腐、納豆、鶏卵、魚(いわし・生サケ・カジキ・生アジ)

 044.gif 炭水化物・・・・・玄米・白米・ジャガイモ

 044.gif 脂質・・・・・・・・・オリーブオイル・しそ油

 044.gif ビタミン・・・・・・かぼちゃ・大根・にんじん・キャベツ・白菜・レバー・海の魚

 044.gif ミネラル・・・・・牛乳・チーズ・ひじき・大豆・ごま・穀物・卵・玄米
   (特にカルシウムの多いもの)・・・牛乳・ヨーグルト・スキムミルク・にぼし・大根菜


me10.gif 栄養素の役割 

 1.水・・・・・・・・・・・栄養素を運ぶ・体温をコントロールする・食物を消化する。

 2.たんぱく質・・・先祖が肉食動物であった犬にとっての主食。
          エネルギー源でもあり、体を作る栄養素でもある。
          たんぱく質は体内でいろいろなアミノ酸に分解され吸収される。
          犬に必要な必須アミノ酸は12種類もあるので、(人間の場合は10種類)
          たんぱく源はいろいろな食材から摂取したほうがよい。 

 3.炭水化物・・・・・・糖質と繊維に分解され、糖質がエネルギーになる。
          犬は人間ほど糖質の分解が得意でないので炭水化物が主食とはならない。
          ダイエットの際はたんぱく質ではなく 炭水化物で調整したほうがよい。

 4.脂質・・・・・・・・エネルギー源でもあり、体を作る栄養素でもある。
         エネルギー源としてはたんぱく質のほうがはるかに上なので 
         あまり必要ないが 体組織を作る脂質性ビタミンを運ぶ働きがある。

 5.ビタミン・・・・・からだの調子を整える。
         人間とは違い犬は体内でビタミンCを生成することができるので 
         摂取の必要が無い。
         水溶性ビタミンは余分は排泄されるので上限はないが、
         脂質性ビタミンは体内に蓄積されるので、過剰摂取すると害がある。(ビタミンA・D・E)

 6.ミネラル・・・・・体を作る また体の調子を整える栄養素。
         犬の必要なミネラルは
       カルシウム・リン・カリウム・ナトリウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅・マンガン・ヨウ素・セレン            
            
icon_k_u-n.gifなんだか難しくなっちゃいましたね
    要は栄養素っておおまかにいうと
     「体を作る」
     「エネルギーになる」
     「体の調子を整える」
    
    の3つに分類されるのです。それらをバランスよく摂取することが大事ってことです。
(ごはんについて考える-5につづく)




Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © ワンコと暮らす All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。